カリンバ,親指ピアノ,アコースティックギター,ウクレレ,古着,志茂,赤羽

ウクレレカスタム、チューンナップ、あるいはリサイクル?



そもそもは古くなってあちこち壊われたり、調子が悪くなったり、弾いてみたくて安いのを買ってみたけど思ったより使いにくかったり、おもちゃみたいでちょっと調子っぱずれだなぁ、、とか、そんな感じで弾かれなくなったウクレレをあちこちちょっと直して、ちゃんと弾けるように、そして使いやすいようにしたらいいなぁ、、と思ってはじめたことでした。
たとえばウクレレは比較的正確なピッチ(この場合、何をもってして正確というのかも難しく、長い話しになりますが)が難しい楽器ですが、短い弦長のわりに太い弦が張られるので、とくにローポジションを押さえた場合テンションがかかり、著しくシャープしてしまいます。
これがチューナー等を使って開放弦をチューニングしたのにコードを押さえて弾くと音程が合っていない、、このウクレレはチューニングが合わない、、ということになってしまうのですが、多くはナットが高すぎるためにおこることで、ここを調整してやることでかなり改善されます。
また、ギターのチューニングペグのようなギヤ式でないストレートなフリクションペグが主流ですが、このペグは1:1で回ってしまうために微調整に慣れが必要で、しかも構造上使っているうちに緩み、弦のテンションによって戻ってしまうようになり、かなり頻繁(知らない人にとっては驚くほどだと思います)な増し締めが必要です。
初心者の方などこれを知らない人によってはこれをペグが壊れた、、と思う方もいるようです。
しかしこれに関しては現在はウクレレ用に作られたギターなどと同様のギヤ式ペグに交換することで解決できます。
ルックスが少々変わってしまうということや、フリクションペグよりパーツ点数が増えて少々重くなり、楽器全体のバランスが変わるなどということ(厳密に言えば音も変わります)が、現在は以前よりも小振りで軽量で、ルックス的にも違和感のないもの(R.M.では主に比較的安価で使い勝手もよいと思うGroverのオープンギヤを使っています)もありますし、何よりもスムーズで微妙なチューニングもストレスなく行えます。
その他ナットと同様に高すぎるサドルを調整したり、あるいはちょこっと壊れたところを直したり、たったこれだけでついこの間までなんだか弾きにくかったり、どうも調子っぱずれだったりで、部屋のオブジェになっていたウクレレが生き返って、また楽しく弾いて歌えるウクレレになるのです。
R.M.では引き取ったウクレレの中のどうもそのまま売るのは難しいな、、というものをあれこれして、商品として並べていますが、調整、パーツ交換などは単体でもお受けしていますので、どうそお気軽にご相談下さい。

*以下は作業工賃の例です。作業、パーツの種類などによって変わりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

*パーツに関しては在庫がない場合は取り寄せになりますので、少々お時間を頂くことになりますが、どうぞご了承下さい。

店舗でのお支払いにはカード、各種電子マネー、楽天ペイ、LINEpay、PAY ID、メルペイ、PayPay、au PAYもご利用になれます。どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

その他お問い合わせなど、どうぞお気軽にメールして下さい。

back
back to garage


R.M.kalimba/craft&junk roycesongstar@yahoo.co.jp
inserted by FC2 system